So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

変わり続ける [不思議な命]

変わりたいと思いつつ、動かないと、やっぱり変わらない。 何の役にたつかわからなくても、面白いとか楽しいとかの気持ちで やり続けると、ある日、本当に、気分としては「突然」違う心の場所に出る。 一度でもそれを体験すると、もう悩まずに、努力し続けることができる。 心の場所が変わると、風も空気も光も違って見えてくる。 元々、何層にも自然の表情は分かれているのだろう。 それに気づきたくて、人は、未来に希望を持て、今を大切にする気がしている。 夕日.jpg 太陽.jpg
コメント(0) 

ライアーのコンサート [魂と現実]

11月23日(土)に、ライアー奏者、小谷野 真樹さんと草柳 あずささんにより、
コンサートを開くことができました。

昨年3月に、ライアーのコンサートを初めてお聞きして以来の、想いが叶い・・・。
11名のゲストにお越し頂き、新年を前に、清々しい、希望が生まれる、
心休まる記憶をいだける時間になりました。

お二人共雨の中、ご持参になるものも多く、心より感謝で一杯です。

小谷野さんと音色・・・とても印象的な思い出があります。かなり前に、
アートセラピーの講座の中で、チェンバロを体験する機会をつくりました。


小谷野さんが、何気なくチェンバロを弾くと、とても不思議な心地よさが静かに広がっていきました。

その時から、ご本人と楽器の音色に特別な何かを感じていて、
ライアーと出会われ演奏されるようになったことは、とても自然な感じがしていました。

新たな音色を聴かせて頂き、お二人にあらためて御礼と感謝を申し上げます。
草柳さんとも、マリーアントワネットのファッションがお互いに大好きなど、 とても楽しい一日を過ごさせて頂きました。

今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。


ライアーの音色は静けさから
生まれ
静けさへと帰っていく
(BY 小谷野
コンサート2.jpg

コンサート7.jpg
コメント(0) 

無責任な流れ [関心]

いい意味での自信が深いところでパワーになる時代に入った気がする。人からの評価を気にし過ぎるのは、つまらない。自分が思うところの才能を、現実にできることから表現することが、大きな冒険に繋がっていく。ささやかなことから始まる、自分が納得できる人との繋がりを生みだす冒険。
これまでに自分で自信を育てられなかった人は、無責任な流れに、それと気づかず、入ってしまうかも知れない。

無責任な流れとは、エネルギーを投資する先に、イメージが持てていない流れ・・・。

夕日.jpg
その季節には薔薇が広がる喫茶店
薔薇の喫茶店.jpg

コメント(0) 

才能のスタートの時期 [魂と現実]

先だって、Iさんが学ばれてきた通信大学主宰でので日本画の展覧会を見ることができました
Iさんにとっては、三回目の出品、今回は、どのような作品なのかしらと、緊張しながら・・・

ただ、ひたすら見つめるほどの、現代的な明るさと幽玄さに満ちた作品
これほどの、期間で、自分の想いと目に見える形の統合が美しくなされていることに、・・・
どなたかが「曼荼羅のようですね」とおっしゃったそうです

曼荼羅も関心があるけれど、従来のは、自分には遠い感覚がありますが、
本当に、繊細で尚力強い明るさが、眺めていると自分の眠っている、でも
気づきたいエネルギーを引き出してくれる

自他に響いていく才能は、本人が無意識でも、人生の中で、最も動かしやすいスタートの時期を知っている気がします。
樹~星降る.jpg
市川2.jpg


コメント(0) 

古代は今 [魂と現実]

8月の田.jpg先日、Kさんのソロもあるライアーのコンサートがありました。
これで2回目ですが、言葉にできない・・・音楽とか楽器とかそういう世界を超えていて。

神話の世界、この世界を感じることができると、自分の世界が変わる。

ご本人も本当に女神のよう

「こんな感じ!」とか人に伝える言葉も、なんか違っていて、ただただ感じ取る
本当にご縁に感謝しています。

長年の想いだった本がやっと2020年1月頃に発刊できそう
かなり面倒な編集を夫にやってもらっている
暑いけれど、懐かしい風を感じる夏
神話の世界が戻ってきているのかも知れない

コメント(0) 

時代背景が違う [対人関係]

年齢がいくと、気がつくことも変わると言うか増えると言うことが、分かるようになり・・。 親の世代は、自分とは全然違っているのに、つい自分の時代の価値観と同じように考えてしまう。 育った時代背景は、年齢が高くなるにつれて、個人に濃く出てくる気がする。 あらためて、何かでご高齢者の方の声を聴く機会があれば、まずは「自分は」と言うのは、控えようと思う。物があまりなかった時代の若いころの記憶は、きっと今とは全然違っているはずなのに、その当たり前のことを結構自分が受け入れていなかったりする。 高崎のだるま IMG_0274 (600x800).jpgIMG_0281[1] (600x800) (600x800).jpg
コメント(0) 

「守る」はそのまま「抵抗」になることも [関心]

風に乗る鳥、風にさわぐ枝、瞬間にそれぞれが動いている


お互いに相談しているわけでもないのに、

人は、風がふくと、とっさに帽子を押さえたりする

そうやって自分を守ることが、できるが、ある意味、やってくるものに抵抗しているとも言える。自然の影響を避けることが物質的には進化の元・・・

でも、自然が最も人に必要なことまで忘れそうな人もいるかもしれない。
海や山に行きたくなるのは、そんな意味で、良く分かる。



コメント(0) 

少しで5月 [関心]

風がとてもいい気持ちにふいている、のんびりとした休日・・・。
5月の過ごし方が、振り返ると時期時期で違っていることに、気が付く。
過ごし方に飽きたなあ、と思うと、違うページが開いてきた気がする。

話は、変わるけれど、テレビで、「住民説明で怒ごうが飛び交う」って言う話を聞く。
怒ごうで、話しあい時間が延長されたり、やっぱり何か変化が起きるのかなと。

でも、それは一つの、ぼう〇ょ〇の力なのではないかと思ってしまう。
静かに主張しても、無理なのかなと。
せん〇う、の始まりが、話しあい不可の怒ごうかも知れないと、思いました。
IMG_0197.jpg

コメント(0) 

赤い鳥 [風景]

自動車販売のキャラクターの赤い鳥と心の友人でとても親しく(置物なのでへんな話ですが、)車で通るたびに、挨拶や近況報告をしている。先日、つい「昨日、焼き鳥を食べたよ、すごく美味しかった」と言った瞬間、全部で4羽さまいるのですが、空気が変わった。

しまった!と思ったけれど、時遅しで、凍り付いたような空気になっていた。数日たって、やっと元に戻っているような気がしたけれど。

長年話しかけているうちに、本当に心が通っていた、なのに。
なんてばかなんだろうと落ちこんでしまった。
キャラクターやロボットが大人でも無二の友人になる、
これはとても私には信じられること。

でも今日は「大丈夫だよ!」と言ってくれた気がした。
IMG_0142.jpg
コメント(0) 

2019-02-12

いろんな動きのなかで、面白いかどうかが一番基準になっている。
面白くないことを、面白く楽しむ努力もかなり重要だけれど、限界がある気がする。

電車で子供同士が、勝手に好きなことをしゃべっていたりする、お互い聞いているようには、見えないけれど、きっと楽しいのだろう。お互い聞いてないけれど楽しい、この感じもいい。

盛った感情とリアルな感情、以前は別々だった気がするけれど、
ある年齢になると自然に一つになる、それが生活において、とても楽。

近くにある賀茂神社、偶然いろんなご縁がある。

スタジオのいろんな箇所が少し壊れ、塀も直しました。IMG_0044(1).jpg
IMG_0145.jpg
コメント(0) 
前の10件 | -