SSブログ
前の10件 | -

始まったら終わる [社会]

AI化の波は分かっているはずも、まだまだと思っていた人が多いのでは。

なんでも表面化し始めたときは、もう終わっている感じ。

ちょっと過敏なくらいの人が側に必要な時代、

知りあいの経営者が、女性社員に求めるのは「感性」だけと言っていた。
男性は家族やその他の心配が優先し、冷静に時代を読めないとか・・・

高速的な時代、決断のスピードがより大事、
だから、バランスをとるために、アナログ的な「のんびり」が必要。

昔読んだ記事で、滞在中便利な旅を求めるのは、発展途上的、
超不便な体験を求めるのは先進国のトップクラス、
わざわざ飲み水を草原まで歩いて取ってくることを嬉々として喜ぶ。

*毎年同じような田園風景、
ここに滞在型的なホテルがあったらいいなといつも思う。田んぼに邪魔にならなければだけれど。そして外国のトップリゾートホテルからスタッフをスカウトしてほしい。(難しいそう)いいにくいけれど、日本人のスタッフは何となく重い感じの人がいる。日本に住めば同じようになるかも知れないけれど。(写真向き編集がうまくいかずすみません)

IMG_1689.jpg


アートセラピーをメインのnoteブログ「未来アート」を始めました。
アートセラピーで描いて頂いた画などをご紹介する予定です。
https://note.com/artfuture/n/nbf0bf78c75bb?fbclid=IwAR2AXdrhG_V7pAa8DsZ2tZTwqNyx9jK94YkuVUDqjrOASpQsKibAjwmdHO0







コメント(0) 

真実の多様性 [関心]

真実って、すごく難しい範疇の概念。

羅生門のように、見えることは、一つでも取り巻く人の立場によって、全く異なる。
いろいろな意見を聞くうちに、見えていることでさえ変化してくる。


何かの映画で、裁判の場面
容疑者が、言った相手の立場は?ましたが、
「お前に真実を扱う資格は無い!」

何となく分かる。だから、自分の心の真実だけは、
自分で知っていきていきたい。


写真 大木とビル、なんか似てる。

IMG_1638.jpg

IMG_1627[1].jpg

コメント(0) 

複雑な時代が始まった [社会]

自分が生きてきた中で最も、複雑な時代に入った。これまでは、様々な刺激ははあくまでも自分やその環境や関係者から起きる出来事が主流だった。

世界中で同時に、経済悪化が一層徐々に増えていくだろう。(それも同国であっても誰もが同じという一律ではなく)
物質間では圧の高い方が低い方に動く。なので危険な部屋は圧を低下させる。
心も、圧が弱いと外の力がたやすく入ってくる。

心の圧とは、無理ながんばりではなく、
今、したいことがあるかどうか。
言い換えると、自身の生きがいがあるかどうか。
ちょっと抽象的だった「生きがい」という言葉が、生存レベルで必要になってくる。


平日に行くと、すいているうどんやさん。ひと昔前のお店みたいで、時間が遡る。
IMG_1381.jpg
コメント(0) 

歴史を創る人 [魂と現実]

某氏には20年ほど前に一度だけお会いしたことがある。
ある会の発足式に、知人に誘われ参加した。

某氏は、予想していたイメージと違い、
小声で話される方だった。

某氏に関して時折、浮かんでくるのは、
意識的に歴史を創っているように思える。

歴史って、何となく西洋中心で、それを今の時代でも、
ああだこうだと言っているような。

歴史はいつでも、自ら意識的に今、創ろうとしている人がいるはず。
その時代の先進国から、新しい文明や文化が生まれている。
この日本にいても、当たり前。
きっと、そんな人は実は多くいるように思える。

その会は、地方のホテルでの一泊だった。
某氏は夜中でも星空を見に出かけることがあるそうだ。

みんな、人を起こす余裕もないので、
随行のカメラマンは、ホテルの玄関で寝ていた。
そこは必ず通るので、起きれると考えたそうです。

強烈な個性と、多分その都度チームワークを組む人たち。
私的にはとにかくカッコいい方だ。

IMG_1418.jpg

新富町のビル、懐かしいような雰囲気。
コメント(0) 

実は高度なこと [健康]

以前、小谷野真樹さんの演奏によるライアーのミニコンサートを開かせて頂いた。
とても、心地よく、心とからだに穏やかに響いていく。

ライアーは432Hz、周囲にあふれているのは、440Hz。

ライアーの音色は自然な静けさが自分に入ってくる。

欧米では、健康管理、及び治療範囲まで代替医療が普及している。
芸術療法や、ヨガ、瞑想、海水療法など・・様々。
病気までは行ってない段階での、自分の習慣に気づくための多様な可能性へのアクセス。

日本は、何となく薬好きな人が多い気がする。

生活全般のどこかで起きる歪が、何らかの病気に繋がる。
多様な可能性に出会うことで、ふと気づくことがある。
特に男性は、もっと多様な健康に関する体験や情報を増やした方がいいように思える。

一般的にまだ普及していないことから、自分に合うものを探していく。
これはアートもそうだし、そこに、本当の審美眼が試される。

新しいもの=まだ評価が定まっていないもの、未来的な視点が無いと、見いだせない。

例え何気無いものでも、新しいもの、こと、を意識的に取り入れるのは、実はとても高度なこと。
IMG_1406.jpg


コメント(0) 

向いているか向いていないか [社会]

起業する人の条件ていろいろなセミナーでやっているけれど。

人それぞれとは思うけれど、自分が思うには、
借り入れができる人と言うのが重要だと思う。

家のローンは使い道が自分にも家族にも分かりやすいけれど、
起業のそれは、なかなか難しい。

当初は出費ばかりになるから、神経質すぎる人には、しんどいかもしれない。
ただ、自分で決断することが多いから、楽しい。

時間の大切さが良く分かる。
IMG_1403.jpg


コメント(0) 

顔が違う [対人関係]

コロナのかなり深刻すぎる社会への影響を感じる。
このまま続けば食料生産者も、減少していくのでは。
小さな会社では、やっと子供がが後継者になると決めていたのに、
迷う場合が増えるのでは。

影響と言うより、社会が変わってしまう。

自宅でオンラインで仕事、困惑することの一つ、
「顔」。

職場での顔と家族がいる家では顔つきが違う。

目の前に家族がいなくても、やはり意識の違いが顔の
違いになる。目の前の風景や家具が会社とは
当然異なるので、気が変わる。


やはり自宅以外のスペースがあったほうがいい。

同人物でありながら会社員の顔と家で父親や母親として役割が混ざる顔は微妙に・・・。

今までの考え方から一つ一つ丁寧に新しい言動に試行錯誤の必要な時代。



コメント(0) 

ひらがな [関心]

仕事の合間に思いつくことがあり、気分転換になる。
あらう・と、わらうは、「らう」が一緒だ。

洗うは、外見と言うか身体的に目に見えることの浄化、
笑うは、内面の浄化。

違いは「あ」と「わ」
これで思いだすのは、あかさたな・・・わである。

んは、元の漢字が無、无のようだとある。

各行の頭で言葉を作ると、

あ→洗う(沐浴)
か→考える
さ→去る
た→立ち直る
な→悩む
は→はずむ
ま→迷う
や→やり直す
ら→楽
わ→笑う
ん→無、无

阿波踊り、あの動きは案外ひらがなを身体で続けて書いているのかも('_')

IMG_1385.jpg

IMG_1386.jpg


コメント(0) 

無駄ライン [関心]

今まで、結構
「無駄に広い」
「無駄に細かい」
「無駄に複雑」
「無駄にうるさい」
「無駄に慎重」
「無駄にケチ」
「無駄に丁寧」
「無駄に心配り」
「無駄に暗い」
みたいなことが転がっていた気がする。

ある意味、これからはそれらが自分にもたらす結果がより分かりやすくなる。

こちらを目的地とすると、顔が見える人は「来る人」背中が見える人は「行く人」
あちら側を目的地とすると、その逆になる。

一見難しいようだけれど、混乱の中、生きていくために価値感が球体になり、より合理的で俯瞰する視点が生まれる気がする。


NEXT.jpg

コメント(0) 

パラダイムシフト [社会]

世界規模でのコロナ禍での株高、不思議を超えている、新しい産業は伸びても、従来のは、それまでの方法がかなり止まっているわけなのに。
枝は、伸びる方向が空いていれば、そこに伸びるが、そこが、楔を打ったように閉じていれば、生命を削るような方向に行くかもしれない。
木が、上方向にどんどん大きくなるのは空いている自由な空間があるからだ。
社会と言う有形無形の空間は自分だけでつくったものでは無いことが、当たり前だけれど分かりやすく見えてきた。

具体的には、さまざまなイメージがあるだろうけど、過激なパラダイムシフトがもう少しで顔を現しそう。

IMG_50高彩度.jpg

海の見えるテラス Mie Cross
コメント(0) 
前の10件 | -