SSブログ

複雑な時代が始まった [社会]

自分が生きてきた中で最も、複雑な時代に入った。これまでは、様々な刺激ははあくまでも自分やその環境や関係者から起きる出来事が主流だった。

世界中で同時に、経済悪化が一層徐々に増えていくだろう。(それも同国であっても誰もが同じという一律ではなく)
物質間では圧の高い方が低い方に動く。なので危険な部屋は圧を低下させる。
心も、圧が弱いと外の力がたやすく入ってくる。

心の圧とは、無理ながんばりではなく、
今、したいことがあるかどうか。
言い換えると、自身の生きがいがあるかどうか。
ちょっと抽象的だった「生きがい」という言葉が、生存レベルで必要になってくる。


平日に行くと、すいているうどんやさん。ひと昔前のお店みたいで、時間が遡る。
IMG_1381.jpg
コメント(0) 

向いているか向いていないか [社会]

起業する人の条件ていろいろなセミナーでやっているけれど。

人それぞれとは思うけれど、自分が思うには、
借り入れができる人と言うのが重要だと思う。

家のローンは使い道が自分にも家族にも分かりやすいけれど、
起業のそれは、なかなか難しい。

当初は出費ばかりになるから、神経質すぎる人には、しんどいかもしれない。
ただ、自分で決断することが多いから、楽しい。

時間の大切さが良く分かる。
IMG_1403.jpg


コメント(0) 

パラダイムシフト [社会]

世界規模でのコロナ禍での株高、不思議を超えている、新しい産業は伸びても、従来のは、それまでの方法がかなり止まっているわけなのに。
枝は、伸びる方向が空いていれば、そこに伸びるが、そこが、楔を打ったように閉じていれば、生命を削るような方向に行くかもしれない。
木が、上方向にどんどん大きくなるのは空いている自由な空間があるからだ。
社会と言う有形無形の空間は自分だけでつくったものでは無いことが、当たり前だけれど分かりやすく見えてきた。

具体的には、さまざまなイメージがあるだろうけど、過激なパラダイムシフトがもう少しで顔を現しそう。

IMG_50高彩度.jpg

海の見えるテラス Mie Cross
コメント(0) 

歴史の変わり目 [社会]

今起きていることは、後から見て、2020年から始まった歴史的な異変だと分かる。
当たり前だと思っていたことが、法律や生活全般で、まったくその色が変わってくる。

自分に何かへの好奇心がある?、深いところでの話をする人がいるかどうか。
安全に気分転換ができる自然が身近にあるかなど、
細かく自分の生活の質を確認し、明るい気分になれる環境を整えることが大事になる。

image0.jpeg

image0hiruzu.jpeg

image1.jpeg

コメント(0) 

変わる時に遭遇 [社会]

きっとすでに、全く理解できないハイテクの世界が日常レベルで起きてくるのだろう。

理解できないのは、その成り立ち方だけではなく、その目指す目的。
目的は不明だけれど、リアルに進行していく。

言葉も聞きなれない言葉がどんどん出てくる。
分からないのに、分かったふりはやめようと思う。
自分の世代と繋がらない言葉には慎重になろうと思う。
実は、全く世界観の背景が違っているのかもしれないから。

子供の頃好きだったクリームメロンソーダ

IMG_1134.jpg

IMG_1140.jpg
コメント(0) 

病院の今の風景 [社会]

昨日、家族の定期健診で都内の病院に行ってきました。2棟あり、
1棟は、多分コロナ専用となり、駐車場含めて立ち入り禁止になっていた。
入り口には、完全防護のスタッフがいる。

閉鎖棟の駐車場前には、入ろうとする車を止めるスタッフがいましたが、大変そう。

一般の入り口にはサーモグラフィがあり、チェックしている、
大丈夫とは思っていても緊張し、
そしてホットした。


全体がコントロールされている感じがする。
ここまでの一応冷静さを維持できる病院て、それほどは無いのでは。
(これから?にしても、今の段階でのコントロール状況が基礎になりそう)
レストランは席を空けてオープンしている。

一般外来はガラガラで一応安心感を持てる。
医師や看護師は、アイガードをしており、目はかなり重要なのだろうと。

コロナは当然こわいけれど、持病のある人は、それもこわい。
安心感のもてる
来院設定は、とても高度だと思う。いろいろな街と人の
織り成す風景が変化しており、
落ち着いて記憶に残そうと思っています。

4月23日.jpg
4月23日2.jpg
コメント(0) 

信頼 [社会]

IMG_0138.jpg
田舎の話になるけれど、田舎は、お金だけでは生活できない。
台風の後のちょっとした倒木や、夏だとアッと言う間にはびこる草取りなど、
お金でやる会社自体もない。段々高齢者の一人暮らしが増えているので、
他人の少しは若い人が暇を見ては引き受け、多少の手間賃をもらうにしても、信頼で成り立っている。
日頃から親しい関係がないと、生活ができないのだと思う。

都会で道に障害物があれば、すぐ関連の行政に電話をするけれど、田舎では
自分たちができることはするようになる。自分の家のことを他人に知られるのは、それはそれでストレスになるけれど、都会は、逆に全く個で完結していることが、ストレスを超えて怖い。些細なことでも人に助けてもらうにも、日頃からの自己開示が必要になり、それをしているかどうかが、一生に影響を与える時代な気がする。自分のことで言えば、人にいろいろ助けてもらっているので、そういう意味でも、幸せだといつも思う。

アンドロイドの魅力 [社会]

親子愛や、兄弟姉妹愛、などいろいろな関係があるけれど、その形に入らない愛(関係)がとても大事に思う。女性も社会に出てPTA関連や仕事や趣味などで時間を使っている今の時代には、他人愛が重要なのではないかと考える。

夫婦はもともと他人なので、対話を続けることで、性格を含め血縁のしがらみから解放される可能性が高い。そしてその他人から子供がいるので、これも天のめぐり合わせにしか思えない。

仕事上で注意や口論も当然起きるが、それが異性と言うことで、前に進まないとしたら、仕事にならない。男と女と言う関係への意識が前面にあれば仕事にはならなくなる。
女性が男性に仕事で注意すれば、女にばかにされた、と同性に言われるより怒りが高くなるかもしれない。自分で気づかず同性と異性で態度が違うと言うのもかなり周囲から見ると・・・。

遅くまで仕事をしても、一緒に出張してもあくまでも仕事関係のみ、あえて言えば感性があるからこそ人類愛に近いクリアな感覚がいい(鈍感なことではなく)。これからはそんな感覚を持っていることが才能だと思える。何かを創りだせる集団は、無機質的になって行く可能性があり、個人的にはかなり惹かれる。アンドロイドの魅力。将棋の試合はそんな感じだ。
それぞれが、表で建設的な関係で、それぞれの人生の目的に気づけるのでは。豊かさって、こういうことにとても関係してきているように思います。

田に水が入り、田植えが始まっています。
IMG_0102.jpg

深みのない自由って? [社会]

もうすぐ4月、にぎやかなところはちょっと苦手なので、通りすがりの桜を見るのが
楽しみです。

 ブラック企業は、最初からそういうふうになっているから、働く人もある程度認識があると思うけれど、一見自由そうで、がんばればポジションも上がる、給料も上がるみたいな雰囲気の方が、がんばりたい人にとっては、かえってやっかいな企業ではないだろうか。
 出世する人は、限りなく少ない気がするし。厳しければ、(厳しさの内容によるけれど)、スキルも磨かないとと思って、そこを辞めても何か身に付いているかも知れない。でもいいことありそうに見えるところは、本人もつい甘くなり、磨きにくいかもしれない。「これくらいの努力でも大丈夫かな」とちょっと目先で遊んでしまうことは、若い人にとっては、
あまり良くはない。
28nen3.jpg

お金では変えない切符も持ってる? [社会]

まあ極端な話だけれど、人生の充実感を大事なものとすれば、収入は、あまり無いのが、自然に思える。
昔は(アバウト)、一緒に仕事をする人との信頼感やそんなことが、充実感になり、デパートやそんな店が無かったわけだから、心の充実感が一番大切だったのでは。

高度成長期は、ストレス過多ななかで、自己不振や人間不振に陥りながら、でもそれなりの収入で、買い物をしたり遊ぶことが、充実感になってしまったような感じだ。

今は、全体に給料が減っているとしたら、かわりに心の充実感が必要になる。給料も増えず人間としての成長感充実感もない職場環境だと、これは大変なことだと思う。
これまで、充実感のある生き方をしてきたかが、この全体の低成長期には、どうしても、幸せの方向への切符になる。
モクレン.JPG