So-net無料ブログ作成

自分の人生の主は自分 [社会]

鶴亀.JPG自営業で生活をしてみると、かなり社会のいろんな要素が見えてくる。会社に行ってお給料をもらう立場とは、また違うストレスが高い。「生きる」と言うことへの感度が高くなる。来月は収入が殆どないかも知れないと言う体験もする。そんなことを経験していると、社会のずれに気づきやすくもなる。昔なら当たり前だったことが、どんどん当たり前でない方向に動いている。元々危機感が強いタイプで、平常な時代には、バランスをくづしてきたが、こいういう時代になってくると、かえって落ち着いてくる。

その分、今まで安定して、今月と来月は同じように動いていると思える人にとっては、「ありえない」状況が続く。素の自分を話せる人を家族以外でも必ず持つこと。家族だけでは、負担が多過ぎる。日々、嘘のないいいご縁を紡ぎ、その結果は神のみぞ知る。若い人は、自分の人生に責任を持ち、幅がありながらも頑張る大人との縁を増やすことがいいかと。無責任で怠け者で世間体ばかりの大人と関わると、それが自分の基準になる。

浦島太郎は、亀が出てきて「箱を開けてはいけない」、鶴の恩返しは「絶対に見てはいけない」。鶴と亀と言えばカゴメの歌を思い出す。先だって日光で地震があったときに、東照宮の鶴と亀を思い出した。「~してはいけない」もの、コトが、動き出すのだろうか、(イメージの話)です。*写真昨年8月日光東照宮の鶴亀

自分を磨く [社会]

企業の変化が大きな変化を広げます。

●企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔"松井博"
より転載

「企業が「帝国化」することによって、国と国との「国境線」の存在は薄れてしまうかもしれません。しかしながら、「企業という帝国を動かす」人々と「企業で単純労働に従事するしかない」あるいは「作られた商品を消費するだけ」の人々が分かれてしまった「新しい階級社会」というのが地球単位で完成していくのではないか、という気がするのです。
これから生きていくのに必要なのは、アートなどの創造力や他人と異なる能力、技術を持つことだ」

古いものは変われない [社会]

午前5時新月.JPGあまりえらそうには言えないけれど、以前はあまり政治には関心がなかった・・・。しかし、今回の選挙は、本当に自分の生活に即影響を与えるような異変の始まりになると思う。浮動票が云々されているが、浮動票は、例えば浮動団体とかがあるわけではないので。まとまって団体になった票であれば、その意向は政治に多少でも反映されるでしょうが。

心の健康は、社会の安全と平和の上でなりたつ。勤務している会社自体に問題があって悩んでいても、社会が前向きでありさえすれば、何とかなりますが。ここは、順番を逆にする時の始まり。一人一人の人生への熱い思いが、社会を世界を平和にする・・・それしか方法は残っていない。絆もひとくくりには、なれないのが、進化の証でもある。社会はまだまだ硬直した人が沢山いて、旧型男性や女性が多くいる、そんな所が嫌で都会に出てきた人が多い。孤独であっても、旧態依然のところには、戻る気はしないはず。ひとくくりの絆神話にしばられず、しっかりと表現し(生きること)自信を持ってほしいと、おこがましいけれど思います。
(写真・朝方5時頃新月になる前の月と左側の点は、多分金星、冬の夜空はキレイ)

突然やってくるものは? [社会]

木漏れ日.JPG私の父親は志願してトッコウになり、明日出陣という日に終戦になり、命が助かった。当時のことをあまり聞いたことはなく、ただ「どうして戦争になったの?」と言う私の答えに「良く分からない」と言う答えだった。なんだか分からないままに・・・ある日突然に。この父親の話は別にしても、自分自身の人生の起承転結を考えてない人がいるわけであり、そのような人がもっと大きなことへの丁寧な関心を持つことは難しい。

個人でも何でも、疲弊したところへの特効薬は無い。今の人生への自己責任を十分すぎるほどの自己確認が必要に思える。生活がつまらないのは、家族や会社のせいだけだろうか。自分は側にいる人に、どんな幸せ感を提供できるのか、お金をかけなくても、できることは沢山あるのではないか・・。(幸せのために別れていくと選択もあります)、少しでも多くの人が、そんな意識が高まることなく、突然の幸せがやってくることはないと思う。

始まっている [社会]

nasu.jpg中国の対日経済政策など、どうなっているのだろうか。食料品もかなり日本は中国から輸入している。本当のところが見えてこない。放射能ガレキも全国に広がっている。ハード面、ソフト面両方で自分や大切な人を守る意識が大事ではないかと思う。自分の内面を知ることと、それに相応しい行動を取ると言う両輪が、大切になってきている。自分では気がついていない過度の不愉快そうな顔、偉そうな顔、悲しそうな顔、と言った無意識の表情が、そのまま運を悪くする、そんな時代がはっきりとスタートしています。